トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

FX実績(2月末日)

FX実績 2月28日(土)現在

有効証拠金(評価額) 421,764円 必要証拠金額 307,000円  

有効比率 137.38%  下落余裕率 1.9%  

毎日のスワップ金利 947円

2月の確定利益 36,789円

2009年1月からの累計確定利益 -59,438円  

保有ポジション一覧

米ドル/円            売り  11000円

メキシコペソ/米ドル      買い   6000円    

ユーロ/米ドル         買い   1000円    

ユーロ/スイスフラン      買い   1000円

ポンド/米ドル          売り    2000円

ポンド/円            売り    2000円

ポンド/スイスフラン      買い    2000円

豪ドル/米ドル         買い    5000円

豪ドル/円           買い     5000円

豪ドル/スイスフラン     買い     5000円

NZドル/米ドル        買い     5000円

NZドル/円          買い     3000円

NZドル/スイスフラン     買い     6000円

南アランド/円         買い     3000円

トルコリラ/米ドル       買い    66000円 

トルコリラ/円         買い    114000円

トルコリラ/ユーロ       買い    42000円

ハンガリーフォリント/米ドル 買い    12000円

ポーランドズロチ/米ドル   買い    18000円

         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やん茶坊主式FX運用法とは

やん茶坊主がFXを始めたのは、2006年の11月からですので、かれこれFX暦2年半になります。その間、山(小山)あり谷(大谷)ありで、100年に一度の金融危機・外貨の大暴落を経て、通算すると現在でもかなりのマイナスです。

しかし何度もロスカットを喰らいながら、試行錯誤しながら、自分なリのFX運用法を確立しつつあり、現在8割方完成といった状況です。

やん茶坊主式FX運用法とは、簡単に言うと、

①スワップ金利と売買差益の割合は50:50

②徹底的な通貨分散でリスク軽減(現在保有通貨ペアは20種類前後。対円、対米ドル、対スイスフランの買い中心で、長期保有によりスワップ金利を受け取り続ける。)

③全て1000通貨単位の取引で、売買差益はデイトレ中心、100円~300円で細かく利益確定

④毎月、一定の金額(5万円~8万円)を元本に投入しリスクを低減しつつ、下がったタイミングでスワップ狙いの長期保有ポジションを殖やしていく。

⑤トータルのレバレッジは10倍以内、ロスカットまでの下落余裕率は5%以上をキープ(最終的にレバ2.5倍、下落余裕率40%を目標にリスクを低減していく)

というものです。

FX会社はヒロセ通商で、LIONFXを使ってます。

2009年1月下旬からこの手法に切り替えています。

スワップ金利狙いのポジションとしてトルコリラ買い(円売り、米ドル売り、ユーロ売りに分散)、メキシコペソ買い(円売り、米ドル売り)、豪ドル・NZドル買い(円売り、米ドル売り、スイスフラン売り)と、政策金利の高い新興国・資源国通貨の買いが中心です。

一方、売買差益は、通貨種類は限定せず、スワップ金利がプラスの通貨ペアで大きく下がったときに買いから入り、0.2%(米ドル円が95円の場合は190円、ユーロ米ドル1.28ドルなら256円)のプラスで利益確定します。もし下落した場合はスワップ金利込みでプラスになるまで長期保有し続け0.2%で利益確定、下落し続けた場合は原則5000円以上の含み損になった場合にロスカットします。

逆に大きく上げた場合には、なるべくスワップ金利の払いが少ない通貨ペア・スプレッドの小さい通貨ペア(現在は米ドル円、ユーロ円、ポンド円が中心)で売りから入ることもあります。

資金管理は、EXCELでオリジナルの資金管理表を作り、持ち高を入力更新しています。

また、毎日のスワップ金利+売買差益+毎月の元本への資金投入で、1年後~7年後にはいくらになっているかというシュミレーションもしています。

現在はかなりの円高水準ですが、やはり長期的には金利差からゆるやかに円安方向へ、各国の政策金利も上昇しスワップ金利も上昇と見ていますので、買い上がりながら定期的にポジションを増やし続けていくことになると思います。

ポジションの平均単価の上昇とスワップ金利の上昇が同じくらいと仮定し、毎月7万円の元本投入でリスクをコントロールしながら毎日のスワップ金利+売買差益を同額で運用し続けることができたとすると、7年後には評価額5000万円、毎日のスワップ金利15,000円(レバ2.4倍・下落余裕率40%)になる予定です。

為替レート・金利水準などの前提条件は当然変わってきますし、そうそう上手くいくとは考えていませんが、「もしそうなれば良いなあ」と夢見て、毎日頑張っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ブログ再開

いろいろあってしばしお休みしてましたブログを、復活しました。

実は転勤になり、2009年4月から三重県四日市市に引っ越すことになりました。

初めての転勤と、生まれの地である神奈川県以外での生活ということで多少の不安はありますが、FXの実績を中心にやん茶坊主の近況報告も含めていろいろとお伝えできればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年3月 »